タチカワの独り言日記

人間関係・家族関係など、思考を整理するために書いていくブログです。

【毒親】実際に母親から「あんたなんか産まなきゃよかった」と言われて【2019年1月15日更新】

【2019年1月15日更新】

親から「あんたなんか産まなきゃよかった」といわれると本当にしんどいですよね。

思い出すだけでも頭のなかが真っ白になります。

 

ドラマやニュースで「お前なんか産まれなきゃよかったのよ」といっているのをたまにみかけます。

実際いわれてみると「本当に言われるんだなあ」と他人事のように感じてしまいますよね。

でもきっとあなたの心はとてもつらく感じているはずです。

 

そこでこの記事では実際に親から「産まなきゃよかった」といわれたあなたへ

・親から「産まなきゃよかった」という言葉を言われることは、とてもとてもしんどいことです

・親から「産まなきゃよかった」と言われたときの対処法

についてまとめています。

 

いわれた瞬間は何をいっているのか理解できずにぼうぜんとしてしまったかもしれません。

いま改めて考えてみるととてもキツイことをいわれたことに気づきましたか?

 

つらかったですね

 

私も同じ経験をしたので、とてもあなたの気持ちがわかります。

ですが一度思考を整理すれば、絶対にあなたはここから前にすすめます。

立ち止まってもいいので、この記事を読んでいってください。

 

f:id:tachikawa_12:20190115220552j:plain

親から「産まなきゃよかった」という言葉を言われることは、とてもしんどいことです

f:id:tachikawa_12:20190115223945j:plain

(私の親については毒母「私の言うことなすこと全て否定しやがって!!!」←私「は?」もご覧ください。)

産まなきゃよかったといわれてしんどくないわけがない

毒親をもつ人あるあるですが、子どもにとって親の言葉は絶対なのでひどい言葉をいわれたとしても「私のせいなんだ」と自分のせいにして思い込みやすいです。

なのでここでいいたいのは、親から「産まなきゃよかった」という言葉を言われることはとてもしんどいことだということ。

だからあなたがとても苦しんでいるとしたら当然なのです。

親からとてもひどいことを言われているのです。

言われたのがたとえずっと前だとしても、あなたが突然フラッシュバックして落ち込むぐらい心が傷ついているのです。

 

だからもうこれ以上自分が悪いんだ、と自分を責めるのはやめてくださいね。

 

実はあなたがそうやって自分を責めるのはきちんと理由があります。

人間全員が脳にもっている機能「認知的不協和」といいます。

認知的不協和については以下のリンク先で詳しく説明しています。

 

たとえば親以外からいわれたとても傷ついた発言ってありませんか?

その発言をした人と今もつながっていますか?

おそらくつながっていないはずです。

会社の人や友人だったらなんとか縁を切れます。

ですが親というものはやっかいでいつまでもついてきます。

 

では一体どうしたらいいのでしょうか?

次に親から「産まなきゃよかったといわれたときの対処法」についてまとめました。

親から「産まなきゃよかった」と言われたときの対処法

f:id:tachikawa_12:20190115224021j:plain

親から「産まなきゃよかったといわれたら」どうしたらいいのでしょうか。

事実は事実として受け止める

まず「親から産まなきゃよかった」という発言をされたことを受け止めてください。

なんでこんなひどいことを言われたのに!と反発されるかもしれませんが、落ち着いてそのままご覧ください。

次に「しんどい」「自分なんか」という不安な気持ちがでてくると思いますが、そのまま不安な気持ちに身を任せるのではなく、ただはっきりと頭だけで受け止めましょう。

 

なぜならば人間の脳は考えたくない、考えたくないと思えば思うほど思い浮かぶようにできています。

例えば

ピンクのぶたを想像しないでください。

 

……思わずピンクのぶたを思い浮かべてしまったのでは?

これはとても有名な質問です。

 

この質問と同じようにあなたが事実を否定したり、考えたくないと思えば思うほどあなたの脳に思い浮かびやすくなってしまいます。

だから一番効果的なのは、いわれたことを思い出しても「ああ、いわれたな」と肩の力を抜いて受け流すのが一番早く忘れやすくなります。

 

次の対処法も合わせるとさらに効果があがります。

別のことに集中する

具体的にあげると集中しなければならないスポーツをするのがいいです。

特にボルダリングがオススメ、らしいです。

なぜ『らしい』というあいまいな言葉かというと、私が実際に体験したことがないからです←

ちなみにオススメする理由は以下の通り。

・手先に集中する

・高いところに登るため、登る以外の思考がわいてこない

・体を動かすので体力アップにもなる

とのことです。

ボルダリングって今割と人気なスポーツで、結構室内で運営しているところもあるので近くにあるよって人はぜひ一回やってみてはいかがでしょうか。

私は近いうち絶対に挑戦します!

 

またスポーツは苦手、という人はゲームや読書でも大丈夫です。

特に読書はオススメです。

読書はストレス解消にもなります。

とにかく別のことに思考を切り替えられることをしましょう。

 

また読書は読書でも、次の対処法のように興味を広げるのもアリですよ。

マイナス思考にどうやったら自分がならないか勉強する

私めっちゃマイナス思考なんですよ…

すぐ人になにかいわれると落ち込む性格でして。

このままじゃいけない!と思い、いろんな本を読んで人間の性格や思考の勉強をしています。

2018年は50冊ほど本を読みましたが、読書はじめてからクヨクヨする性格に対していろいろと向き合う方法を知ることができたのでマシになりました。

 

そんな私が選んだオススメ本は下のリンク先で随時更新中です。

 

読書はオススメしますよ!

もうだめだと思ったら1人暮らしをしよう

f:id:tachikawa_12:20190116112451j:plain

もし「親のそばにいるのは耐えられない」と感じたら一人暮らししましょう。

親のもとを離れていいんですよ。

 

いろんな理由を親に言われて反対されるかもしれませんが、あなたが成人していたら親のもとをでて暮らしてもなんの問題もありませんよ。

むしろ意見が合わない人と一緒にいてもつらいだけです。

たまたま意見が合わない親に産まれただけです。

親が赤といったら赤、ではなくあなたは好きな色を主張していいのです。

家は親がお金をだしているので、いうことを聞かないといけないというのは確かにそのとおりです。

だから自分でお金を出してでていけばいいのです。

私も24歳のときに家をでて新潟から東京に住み始めました。

 

一人暮らしって大変じゃない?

と不安に思う人もいるかもしれません。

確かに色々手続き、仕事、家事…大変なことはてんこ盛りです。

でも、親の気分に振り回される毎日よりはるかにマシでした。

実際やってみると思っている以上に得られることは多いですよ。

 

一人暮らしについてまとめた記事は下リンクから

小話:自然と東京に憧れたのも毒親がいたから

私いろんな人に「よく東京にいこうと思ったね」と言われました。

確かに…と今になって過去の自分にいうならそういうと思います(笑)

 

私が東京に上京しようと思った理由をまとめました

・働きたい業種があった

・最悪仕事には困らないだろう、と考えたため

・車がいらない

・東京にいけばなんでも売ってる/なんでも最先端!

・親のいっていることが本当か知りたかった

 

一番最後の「親のいっていることが本当か知りたかった」という理由が最も強かったですね。

 

私親にめっちゃ否定される毎日だったんですよね。

褒められても、嫌味な感じでした。

だから人のいっぱいいる東京にいけば親が正しいかどうかわかるって考えていました。

辛かったんですよね。

「本当に私が悪いのかな?」

「親がいってることが全て正しいんじゃなかったのかな」

でも東京にいけば色んな人にあえる、価値観に触れられると思ったんです。

そこでも私のありようが否定されるのであれば、私が変なんだ、と受け入れようと思っていました。

 

でも東京の人は優しかったです。

本当に世間にはいろんな人がいるんだと実感しました。

 

だから、いつまでも親でしばられるのはやめようって思ったんです。

自分の人生がもったいないって考えられるようにようやく思えました。

ま、今でも苦しむことがあるのでこうやってブログにしているのですけどね。

まとめ

この記事では実際に親から「産まなきゃよかった」といわれたあなたに向けて

・親から「産まなきゃよかった」という言葉を言われることは、とてもしんどいこと

・親から「産まなきゃよかった」と言われたときの対処法

について解説してきました。

 

もし親と一緒にいるのがつらければ一人暮らしをしましょう。

そんなに簡単にいうなよって思われるかもしれませんが、計画をたてて目標を一つずつ達成すれば必ずできます。

毒親もちが一人暮らしをするために情報を集めた記事は下のリンクからどうぞ