タチカワの独り言日記

人間関係・家族関係など、思考を整理するために書いていくブログです。

【毒親持ち】毒母「私の言うことなすこと全て否定しやがって!!!」←私「は?」【ついに切れる】2019年1月16日更新

【2019年1月16日 更新】

タチカワの親は両親ともタイプは違いますが毒親です。

で、本日(2018年5月3日)に決定的なことがありました。

気分はまるで台風が現在進行系で心をえぐっている感じです。

なんでしんどい思いをこんなに抱えなければならないのだろうか…親のことで色々あると心臓を氷に浸されている気分になります。

しんどい。

この記事はついに毒親もちが毒親と決別した日について書いています。

・どんなことがきっかけで決別したのか

・決別した結果どうなったのか

・今回のことをふりかえって

についてまとめています。

2019年1月現在の毒親と私の状況も追記していますのでぜひご覧くださいね。

f:id:tachikawa_12:20190116114855j:plain

どんなことがきっかけで決別したのか

f:id:tachikawa_12:20190116210742j:plain

そもそもうちの親はこんな親です

父も母も子ども全否定系タイプの親。

私のやることなすこと全て否定してきます。

今まで私のやることを肯定したことあったっけ…思い当たることが全くありません。

親がニコニコしているのは親の言うことに従ったときだけです。

 

両親とも過干渉=親の価値観を押し付けて来る

この親の子どもで一番しんどかったこと。

それは過干渉。

「自分の言っていることが絶対に無難で正しい」と信じて疑わないのです。

つまり「親の価値観を押し付けて来る」ことは小さいころから私が大人になっても続いていました。

学生のときならまだわかるのですが、社会人になっても変わりませんでした。

父の顔色をうかがう母

父はちょっとしたことでもすぐに怒るタイプの人間です。

怒りっぽく頑固な父なので、母は怒らせないように父の言うことは常に従ってました。

私が大学の進路でもめたときも、私のことより父のことをいつも気にしてましたね。

「お父さんを怒らせないで」とよく言われました。

母親のことについて

親子関係で決定的なことがあったのは、母のほうです。

なので母親について少し詳しく書いていきたいと思いました。

私の母は女の子は20代で結婚して盛大な結婚式をあげて新婚旅行行って子どもを絶対に産んで車を持って新しい家に住んで…というタイプです。

今の若い人たちをみても同じことを言えるのかと。

正社員で勤めきれない現実。

年金で暮らせるのかわからない私たち。

そりゃ私の母は大丈夫なんでしょうが、私の場合はもらえないものとして現在考えています。

会話をしてもどこがずれを感じますし、話をあわせるのももう疲れていました。

親と決別した日

やっと本題です。

その日は母から食事や買い物に誘われてました。

正直私は結婚して引っ越しをしたり仕事で忙しい時期でした。

母と会っても無難な会話をすることに疲れてしまうので、嫌だなと朝から憂鬱でした。

断ったらかなり怒るのは目に見えていたので、仕方なくついていきました。

 

無難に会話をしつつ、昼過ぎのそこそこ混んでいるカフェに入ったのですが、そこで事件は起きました。

実は私が結婚してからというもの私の両親の「実家に帰ってこい顔をみせろ」コールが頻繁になっていました。

会いたくない私は仕事があるからと、のらりくらりとかわしていたのです。

しかしその日も会ってからさんざん母に「実家に帰ってこい顔見せろ」と言われました。

つい私も正直に「帰るのが面倒だ」と伝えたのです。

母が突然、

「私の言うことなすこと全て否定しやがって!!!」

周りの人にはばからず大きな声でどなりだしました。

思わず私も

「は?」

とキレ気味に聞き返してしまいました。

私が切れてるのに気づかない母は続けます。

 

「私がせっかく提案してるのに全部否定して何が楽しいんだて?!〇✖̻̻▢※¥@)!!!!」(突然訛る)

 

いつもだったらここで黙ってしまう私ですが、もう私は実家にいるときの私ではありません。

東京にいって色々な人をみてつらいことも楽しかったことも経験をして価値観を広げた私です。

もういいと、私は腹に力を込めていいました。

 

「いい加減にして!私はお母さんの言っていることを否定している気はない!!私は私の意見を言っているだけ!!!」

 

目を見てはっきり言いました。

はっきり反論したのはこれが初めてではないのですが、今までのものはきちんと親に真の意味で届いていないのがわかっていました。

だから親を説得するのは半ば諦めていたのですが、今回は違いました。

母も怒っていましたが、一瞬ひるんだ気がしました。

それでも母は続けます。

決定的な一言をついに口にしました。

母「どうせ私たち家族と縁切りたいと思ってるろ?!」

私はいつかこういわれたら絶対にいってやろうと腹をくくっていたので、

私「うん。(全肯定)」

迷いませんでした。

いやコントみたいなんですけど、本当に上記の会話がありました。

虚を突かれたのか母は何も言えないようで、口を開けてパクパクさせていました。

それから黙りました。

しばらくすると、

母「…わかった。じゃあもう連絡しないからね(母としては皮肉ってる)」

私「うん。ほうっておいて」

まあ私のことはほうっておいてって前にもしてるし、その前もしてますが、一度だって理解されたことないですけどね。

だからいつまで私に連絡をとらないでいられるのかみものです。

でも縁を切りたいのね、っていう会話に素直に肯定してしまった自分には自分でもびっくりです。

 まあ縁を切りたいのねって子どもに持ちだすか普通、とも思いますが。否定してほしかったんでしょうね、残念でした。

決別した結果どうなったか

f:id:tachikawa_12:20190116210831j:plain

毒母と決別してどうなったのか、それから半年以上たった2019年1月時点での結果をかきます。

連絡がこなくなった

親からのLINE連絡がしょっちゅうきていました。

返信がそっけないと怒らせるので、返信の内容を考えるのが大変でした。

当時はLINEにメッセージが入るたびに嫌な気分になっていたので相当やられていたのがわかります。

連絡がこなくなって本当に幸せです。

いつもの親だったら私の願いなんて無視するので、半年たっても未だに連絡がこないんです。

いつまで続くかわかりませんが、このまま続いてほしいです。

憂鬱だった実家の帰省がなくなった

普通の人だったら実家に帰るのは楽しみなことなんでしょうが、私にとっては憂鬱なイベントでした。

今までは仕方なく帰省していました。

帰省しないと鬼のように電話がかかってくるからです。

しかしもう帰省しないことにしました。

年末年始やお盆がこんなに楽しい時間だなんて知りませんでした。

これからはこの空いた時間は勉強や読書に使っていきます。

今回のことのふりかえって

f:id:tachikawa_12:20190116211114j:plain

決別した日から半年以上がたった今思うことについてまとめました。

今回の決別で幸運だったこと

①相手からケンカをふっかけてくれたのが決別のきっかけになった

今回の一番のポイントは、母のほうからケンカをふっかけてくれたことです。

相手から決別のチャンスをくれたことになります。

これを利用して、『最初に怒ったのは母のほうだから』という言葉がつかえます。

もともと私は決別のきっかけがほしかったのでタイミングをうかがっていました。

ただ『親との決別のきっかけ』なんてどうやって作ったらいいのか全く考えられなかったのです。

そう考えていたところにこの事件が起きたのである意味ラッキーととらえておきます。

あとこれは余談ですが、母がキレてきたのもそうですが何より決別しようと即決したのは、「母が公衆の面前で激怒した」というところが大きいです。

あの瞬間なんかもうどうでもよくなりました。

②母親がいってくることを前もって予想していた

かつては母親のいっていることにおどらされていた私ですが、そろそろ母親の揺さぶりにパターンがあることに気づいていました。

 

例えば

・私(母)なんてどうでもいいんでしょ?

 

これをいわれると私は前なら「そんなことないよ、ただ…」といっていました。

ですがこの「私のことなんてどうでもいいんでしょ?」っていうのってそもそもおかしいなと前から感じていました。

そもそも親から子どもにいう言葉でしょうか?

そこで私はようやく私が親に甘えられてることに気づきました。

 

私は考えて次に『私(母)なんてどうでもいいんでしょ?』と言われたらなんて返すかを心に決めていました。

 

あとはタイミングだけ、と思っていたら今回のようなことがおきた、というわけです。

散々おどされましたし、『私(母)なんてどうでもいいんでしょ?』といわれましたが、はっきり目をみてきっぱりと意見をいえたのがとてもよかったな、と思います。

親との決別には1人暮らしした経験は大きかった

東京で3年ほど1人暮らしをしたのですが、この経験がめちゃくちゃ今回の決別にあたって大きな力になりました。

親に否定されまくって全く自信のなかった私ですが、東京で1人暮らしをしたことによって憧れていたことがたくさんできました。

 

やろうと思えばできるんだ、というこの経験が何よりも大きかったです。

諦めているのはいつでも自分のほうだと気づかされました。

だからもう親のせいにはしない。

そのためにも親とは決別します。 

まとめ

この記事ではついに毒親もちが親と決別した日について解説しています。

・どんなことがきっかけで決別したのか

・決別した結果どうなったのか

・今回のことをふりかえって

親と決別したらどうなるのだろうか、と考えている方の少しでも参考になれば幸いです。 

 

【私の親の話はコチラの記事でもまとめています↓】

【親のことで悩んでいたら読めばきっとラクになる記事はコチラ↓↓】